flower border

ゴスペルシンガーNatsukiのPrecious Morning

札幌発信のゴスペルシンガーNatsukiナツキのブログです。 愛に生き、歌に生き、食に生き 日常で出会ったPreciousな素晴らしい体験や経験をお届けします。食べBlog必見です。

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ!カーネギーホールへ

Categoryアクティブ

皆様、只今6/7深夜2:14でございます。

6/5からNYCに来ています!

昨年から準備してまいりました、カーネギー公演のため、今回はゴスペルメンバーを引き連れサポーター含め28名でやってまいりました。

時差ボケ克服、コンディションを整えるために2日前から入りました。

お陰さまで、数日前からチケットはソールドアウトで、当日チケットが出るかわかりませんが、Boxオフィスに並ばれる人もいらっしゃるとの事です。

いつも、7~8割は必ず埋まる!とお聞きしておりますから、今回の完売は誠に喜ばしいことですね!

木曜日、到着後直ぐにカーネギーホールの下見に訪れた時は、既に、日米親善交流コンサートの大きなポスターがエントランスに飾られておりました。



誰もノーメイク←化粧が90%落ちているわたしと同一人物には思えません(笑)




今年、寒い時期から準備を重ねてまいりました。
ゴスペルを歌う経験が浅いメンバーもいる中、カーネギーホールのステージに立つことを目標に掲げて、共にメンバーが歩みより、練習やレッスンを重ね、今日までまいりました。

歌を音楽を上手く歌えたらよいでしょうが、残念ながら、それは最終目標ではありません。

ゴスペル本来の意味である、God spellを伝える使命の元、神様への感謝を思い、伝える器となり、賛美を捧げたいと思います。

日々の練習やレッスンの他、お仕事やご家庭や人間関係、自身の問題等、色々な責任や問題を抱えて生きる私達人間ですが、今日まで皆が無事に一人も脱落することなく、NYCにやってこれたことが、(ホテルにヘトヘトになり辿り着いた時)最初に感動した私の出来事でした。

中には家族、職場、友人の方々の支えや協力を思い返し、感謝を覚えたことでしょう。

今日、短い空き時間にご家族へお土産を購入されていたメンバーを見て、皆さんの取り巻く環境を少~しだけ、垣間見た感じがしてほのぼの致しました。


今日まで過ごしてきた日々を感謝に覚え、今日のステージに備えたいと思います。

最善を尽くし、
ゴスペルを捧げます!!!



私が敬愛する、ゴスペルの女王マヘリア•ジャクソンは、私の(2004年)CDシングルのデビュー曲、マヘリアが歌う『Crying in the Chapel』をプロデューサーから与えられ、心から歌いたい!!と願い叶った経緯がございます。

※只今、ファーストシングルは売り切れとなりました。

マヘリアは、黒人として初めて
1950年にカーネギーホールのステージに立ちました。
それ以降は毎年ワンマンコンサートを開催していたそうです。

また、ジャズピアニスト小曽根真さんも一番印象に残るライブハウス、ホールは?という質問に、
サラ•ヴォーンの前座で演奏された経験があり、
~本当によいホールです。音響はもちろんだけど、何かあそこには偉大なミュージシャン達のスピリットが棲みついているような…。そんな気がするんです。~

、という記事を拝見いたしました。


カーネギーホールは、クラシックの殿堂とイメージされやすいですが、カウント•ベイシーの記念ライブでは、またまた、敬愛します、サラ•ヴォーン、トニー•ベネットや早々たるジャズボーカリストも出演されています。

何だか、足がすくんできますが、後十数時間で、夢を現実にします。

日常、自然体で臨みます。

では、行ってきます!







スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。